子供が勉強をしない理由はなにか

子供は、中学生ぐらいになると成績の差が人によって大きく開いてしまう場合があります。
元気に毎日学校に通うことができていた学校のときとは異なり、中学生になると中間テストや期末テストなどの定期テストで順位がつきうんざりします。
成績の評価の仕方も異なり、客観的に把握することができるように5段階になったりします。
中学校では当たり前ながら勉強に重きが置かれることになるわけです。
中学生という環境の中で、子供がまったく勉強しない、あるいはあまり勉強をしないでいると、保護者として将来が駄目になってしまうのではないだろうか不安になってしまうものです。
とは言えやみくもに「勉強しろ」と言ったところでほとんど効果的ではありません。
親が口うるさく「勉強しなさい」と言うだけで勉強するのは、小学校低学年ぐらいです。
このような場合には、強制をするのではなく子供を導いてあげることが必要になるでしょう。
この時には、ネガティブな言葉をかけないことが大事になります。


sub置換

Copyright© 教育 All Rights Reserved.