勉強ができる子供を持つ親の教育意識

小学校の頃は、クラスの中で成績による差はそれほどつきませんが、中学生になっていくとだんだんとその差が広がってくるでしょう。
この場合には、勉強できない子供の親はひどく悩んでしまうに違いありません。
もし子供がなかなか勉強しないようであれば、子供のことを叱る親も少なくないですが、勉強ができる子供を持つ親はそのような考え方を持っていないのが特徴です。
勉強ができる子供を持つ親は、子供に勉強を無理にやらせているわけではありません。
子供に対しては勉強に関して叱ることよりも褒めることの方が多いのが特徴になります。
ほめられた子供は、また次回もほめられようと思い頑張ります。
これを繰り返し行ううちにいつの間にか親に言われなくても勉強をする習慣がついているわけです。
子供の立場からすれば、勉強に対するイメージがよいため、積極的に勉強をするようになります。
ですが、勉強をしない子供は勉強イコール辛いものとのイメージができているためなかなかやろうとしないわけです。


sub置換

Copyright© 教育 All Rights Reserved.