学歴だけが全てとは言えない教育

学歴は一生ついてまわります。
大学まで卒業をしていなければ仕事を選択する自由も与えられないということもあります。
しかし勉強さえできていれば何をやってもよい、というわけではありません。
高学歴で難関な国家資格を得ている人ほど常識はずれのことを平気で行い、何が間違っているのか分からないということもあります。
教育は勉強が全てというわけではありません。
社会的な常識を身に付けることも大切なことです。
偏差値が高い大学を卒業している人の中には、他人の気持ちを考えるという能力を完全に失っている人がいます。
空気を読むことができないということもあります。
トラブルの原因となってしまうので、勉強以外にもしっかりと社会的な常識を身に付けるということも必要になります。
それも学校で学ぶことだけが全てではなく、家庭でも社会人としての常識を学ぶことができるようにしなければいけない、ということがあります。
勉強がその人のすべてではありません。


sub置換

Copyright© 教育 All Rights Reserved.