親子のコミュニケーションのとり方

小さな子供をどのように教育していけばいいのか、悩んでしまう親も少なくありません。
親子の間でコミュニケーションをとることで、様々な困難を乗り越えることができます。
キャッチボールに例えると親子の間の会話であっても、いいボールを投げればいい反応を返してくれるのが子供です。
ただ単に怒鳴りつけたり、怒ったりそれを子供が聞いた時にどのような反応になるのかと言うと、怒られて悲しくなったりもしくは言い訳を探そうとする子供になってしまいます。
もちろんそれだけではありませんが、いつでもそういう態度を親が取ってしまうと、子供の為にもなりません。
親と子供のコミュニケーションは社会教育を育んでいく上でも、とても大事なことになります。
会話はキャッチボールなので、子供から自発的に何かを言ってきた時には、親身になって心を傾けその話に集中してあげることです。
集中して聞いていくと子供の考えている思考が分かるようになります。
全てのことを完璧にこなさなくてはいけないのではなく、少しでも一歩一歩近づく努力をすることが大切です。


sub置換

Copyright© 教育 All Rights Reserved.