子どもの教育をする上で重要になってくる事

子ども自身は大人に比べると乾燥したスポンジの様な状態になっているので、色々な事を吸収してくれます。
ただその子自身が何かに対して興味関心を抱かないとなかなか成果が出ないと言う事も少なくありません。
大人としては教えたらそれを学び知識として身に着けてくれる事、さらに学校に通っている場合は成績がアップする事をどうしても期待してしまいがちですが、結果自体はすぐに出るとは限りません。
実際にはかなり長い期間を費やしてようやく変化がみられると言う事も多々あります。
教育と言うのは植物を育てるのと似ている所があります。
大切に育て、そして必要な栄養を与えることによって最終的には開花したり結実したりします。
もちろんその結果は大人が思っている物とはかけ離れてしまっている可能性もあります。
ただ、その子自身に必要な物、その子が興味を示すものを使って行えば、いずれは何らかの変化が見られると言って良いでしょう。
その為にも、教育を行う場合は周りの大人は長い目で変化を待つ事、それも重要になってくると言えます。


sub置換

Copyright© 教育 All Rights Reserved.